【初心者必見】WordPressでWEBサイトを作ってみよう!

WordPressの使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

WordPressの使い方を学ぶ

パソコンを使っている画像

WordPress=ワードプレスと呼びます。

WordPressはCMSと言って、日本だけでなく世界的に使われているブログサービスです。

ブログサービスと言っても、ブログのような記事だけ投稿するのではなく、ウェブサイトとしても利用することが出来ます。

WordPressのシェア率は、約60%。

そのため依頼される多くの方が、ワードプレスを導入したいとおっしゃっています。

ヒロ
ヒロ

WordPressを扱えるようになると、かなり仕事の幅が広がるよ!

つまり手っ取り早くホームページ製作でお金を稼ぎたいのであれば、WordPressは覚えなくてはいけない項目なんですね。

クラウドワークスや、ランサーズと言ったサービスのほとんどが、「WordPress」を使ったサイト製作です。

WordPress以外にも案件はありますが、比較的少ないので、WordPress優先で学ぶようにしましょう。

学び方ですが、まずは自分でサイトを開設しWordPressを動かして、どんなことが出来るのか試してみます。

ポートフォリオサイトや自分の学んできたことを発信するブログ、なんでもいいのでWordPressを使い開設してみてください。とりあえずデザインとか気にしないでガンガン進みます。

とその前に、WordPressを利用するには、サーバー、ドメインが必要になってきますので、まずはドメインとサーバーを取得しておきましょう。

ドメインとサーバーの取得の仕方は次の項目で説明いたします。

WordPressを使うなら、ドメイン、サーバー契約をしよう

サーバーに接続している画像

ドメインとサーバー、なんのこっちゃ?と思うかもしれませんが、「家」に例えるなら

サーバーが土地で、ドメインが住所になります。

ドメインとサーバーはセットとして覚えてください。

イメージとしては、サーバーと言う土地にドメインの住所を置いてあげるイメージです。

WordPressじゃなくてもホームページを公開するなら、ドメインとサーバーが必要になるのでドメインとサーバーは必ず契約するようにしてください。

ドメインとサーバー代は、プランによりますが1ヶ月1000円以内で済むので早速取得しましょう。

オススメのサーバー会社は

  • エックスサーバー
  • ロリポップ
  • さくらサーバー

それぞれプランが違うので自分に適したサーバー会社のプランにしてみてください。

まずは確認してみましょう。

Xserver

WordPress簡単設置!ロリポップ!レンタルサーバー

さくらサーバー

サーバーの取得やり方はこちら

wordpress(ワードプレス)で自分のサイトを作ってみよう!(副業編)
ちなみに僕は、ロリポップのスタンダードプランを利用しています。

1ヶ月500円くらいなのでかなり安めです。

そしてドメインですが、1円から購入できるものあるので、自分の好きなドメインにしてみましょう。

セールを除いて、安さ重視なら、「.work」「.xyz」「site」など100円以内で購入できるので、お財布にも優しくてオススメです。

長く使うことになるので気に入ったドメインを購入してみましょう。

ドメインは、「お名前.com」が有名ですので、お名前.comをおすすめします。

何か分からないことや、トラブルがあってもGoogleで検索すれば大抵のトラブルは解決できます。

ドメイン取るならお名前.com

ドメイン取得のやり方

wordpress(ワードプレス)で自分のサイトを作ってみよう!(副業編)

ヒロ
ヒロ

ドメインとサーバーを契約したらゴールはすぐそこだよっ!

 

WordPressはPHPで動いている

WordPressはHTML、CSSの他に「PHP 」と言う言語で動いています。

PHPはサーバーサイドで動く言語で、動的なサイトを製作する際に使われます。

ホームページに設置されている「お問い合わせ」なんかそれに当てはまるでしょう。

お問い合わせを送信すると、すぐにサンクスメールが届きますよね?

あれはPHPによって成り立っています。

わざわざ僕たちが一通、一通届いたメールに返信してませんよね?

他にも、ショッピングサイトなんかで表示されるカートの中身や、商品の合計金額などPHPの処理によって計算してくれているのです。

ヒロ
ヒロ

サイトには「静的サイト」「動的サイト」2つに分かれています。ちなみにWordPressはphpを使っているので動的サイトです!

PHPを使えるようになると、幅広く対応できるホームページを作ることができます。

WordPressをカスタマイズしたり、修正するにはHTML、CSSの他にPHPを覚えることになりますが、まずは基本的なHTML、CSSから覚え最後にPHPを学んでみると良いでしょう。

そして、基礎を覚えるのと同時にWordPressがどんな動きをするのか、実際に触って確かめてみてください。

少しくらいのカスタマイズならPHPが分からなくてもクリックするだけでWordPressのサイトを実装することが可能になってきます。

 

WordPressにはテンプレートと呼ばれるものがあり、最初の段階だとテンプレートを使ってカスタマイズしていくことになります。また、テンプレートはそれぞれ使える機能が違うので、どんなことが出来るのかいろんなテンプレートを使って試してください。

無料、有料とありますが、まずは無料でいいでしょう。

初心者おすすめのテンプレートは

  • Cocoon
  • lightning
  • Habakiri

このブログのテンプレートもCocconを使っております。もしCocconを使いたい場合は、以下のサイトから飛んでダウンロードしてみてください。

Cocoon
Cocoonはわいひらさんという方が開発したテンプレートなんですが、わいひらさんが開発したものはどれも使いやすいのが特徴です!

また、分からないことがあっても、調べればすぐに検索にヒットするので、問題が解決しやすいテーマでもあります。

テンプレートについて詳しいことは、また別の機会でお話しさせたいただきますね。

独学のまとめ

というわけで、今回は、独学でホームページ制作してお金を稼ぐには、何から学べば良いのかを説明しました。

 

  • HTML、CSSはProgate、ドットインストール使って練習する。
  • デザインの基礎、近接、整列、反復、コントラストを使い、素人感が抜けたデザインを作る
  • ホームページ制作案件はWordPressが多いので、WordPressを使えるようにする。

ざっくりと説明しましたが、今回紹介した学び方を実践することで、短時間でスキルアップすることが可能です。

過去の僕は勉強する方向性を間違え、かなり時間を無駄にした経験があるので何から手をつけていいか迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

特にWordPressは奥が深いので積極的にWordPressを触ってみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました