在宅ワークで働く!どんな職種があるのかを紹介。自分に合うもので稼ごう

副業
スポンサーリンク

 

  • 在宅ワークに興味がある
  • これから在宅ワークで働いてみたい
  • 育児や介護など時間が取れないので在宅で働いてみたい

こんな悩みをもっているならぜひ最後まで記事を読んでみてください。

スポンサーリンク

在宅ワークってどんな職種があるの?

在宅ワークにもいろんが職種があります。

どんなものがあるか見ていきましょう!

 

代表的な在宅ワーク

ライティング

ライティングは主に記事を書いたり、レビューを書いたりします。

記事を書くと言っても色々なジャンルがあります。

例えば、健康、美容、家電、エンタメ、食、生活などそれぞれジャンルがあるので自分の得意なジャンルで書いていくことがすらすら書けるコツです。

主にライティングは検索で調べたり、実際に使ったことをまとめたりするのが基本的な業務です。

レビューを書く場合は、実際に物を使ってみた感想、アプリを使ってみてなどの感想を書くことです。

 

初心者でも比較的、取り組みやすいと思います。

 

Webデザイナー

HPやwebサイト、LPなど作るお仕事です。

技術や知識を必要とするので、初心者にはハードルが高くなっております。

単価がライティングより高いですが、その分知識や技術を身に着けないと行けないので時間が必要になってきます。

 

「将来はwebデザイナーとして活動したい」ならば、スクールに行ったり独学で学ぶ必要がありますね。

僕自身独学で学んできましたが、学ぶならスクールに行くほうが良いと思います。

わからないとこがあれば聞けるし、やり方を教えてくれたりするのでスクールが無難でしょう!

 

スクール代がどうしても用意できないなら独学でも良いですね。

ですが独学で学ぶなら少し根気が必要です笑!

実際に経験してみるとわかるんですが、必ず壁にぶちあたります。

それを乗り越えることができそうなら挑戦して見る価値ありですね。

 

挑戦してみて駄目だったり、つまらなかったら違うことをやってみてもいいと思います

 

プログラミング

アプリを作ったり、システムを作ったりします。

初心者が参入するには少し難しいので、元々プログラミングを経験している人におすすめな在宅ワークです。

単価も高いので在宅でも充分に稼ぐことが可能です。

これからプログラミングを学んで在宅で稼ぐことも良いでしょう。

まずは副業から始めれるくらいまでレベルをあげてみてはどうでしょうか?

 

とりあえずなんでもいいので簡単なアプリを作ってみましょう!

 

 

その他の在宅ワーク

テープ起こし(文字起こし)

テープ起こし(文字起こし)は録音された音声ファイルを文字に起こす仕事です。

音声ファイルだったり動画ファイルで渡されます。

聞き取りにくい言葉、専門用語など出る場合があるので、簡単な仕事ではありません。

何回も聞き直したりすることもあるので会話を理解しないと難しいかもしれません。

 

また、話している最中の余計な言葉を省いたりします。

例えば「え〜」「えっと」「あの〜」など不必要なので文字には起こさないということです。

 

稼げる、稼げないで言いますと

文字単価で計算されたり、固定で計算されたりと様々なので、一概には言えません。

クラウドワークスやランサーズなどを見て相場を調べてみましょう。

 

データ入力

データ入力はそのままデータ入力のお仕事になります。

データの内容は様々で、エクセルやワードを使うことが多いです。

会計士や会計の資格があるなら、挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

会社によっては会計の資格がなくても働ける場所があるのでじっくり探してみましょう。

単価はそこまで高くない印象です。

 

動画編集

動画を編集するお仕事です。

クラウドソーシングの単価は比較的低いので、indeedなど転職サイトでさがしてみることをおすすめします。

経験者でなくても参入しやすいと思います。

 

画像編集

色味を調整したり、画像を編集するお仕事です。

専用のツールフォトショップなどを使って作業することが多いでしょう。

簡単な編集から少しむずかしい編集もしていきます。

単価はそこまで高くない印象です。

 

画像編集だけのお仕事は少ない気がしますね。

 

翻訳

初心者には少しむずかしいので、経験がある方におすすめなお仕事です。

翻訳の経験があれば、在宅でも仕事することが可能です。

スキルがあれば稼げる在宅ワークだと思います。

 

翻訳の仕事をしたことがない方でも、他の言語が話せれれば初心者でも、採用してくれると思います。

クラウドソーシングを使って探すより、転職サイトで探してみたほうが見つかるでしょう!

 

在宅ワークをするならまず副業から

在宅ワークをするならまず副業から始めることをおすすめします。

いきなり今の仕事を辞めて、在宅ワークをするって決心しても、つまらなかったらやる気は出ないし

稼げないなんてことがあれば生活するのも苦しくなりますよね。

副業から始めたほうが圧倒的にリスクは少なくなります。

 

副業だったらいつでも辞められるので精神的な負担は少ないと思います。

反対に「副業だから」と言ってモチベーションが上がらない場合もあるので、自分とうまく付き合っていく必要があるかなって思ってます。

在宅ワークができるようになったら、こんなことができるようになる(メリット)

在宅ワークが可能になるとどんなメリットがあるんでしょうか?

  1. 外に出なくても仕事ができる
  2. 働く時間をコントロールできるので急な用事でも対応できる
  3. 介護や育児ができるので、施設に入れたり、保育園にあずけなくても大丈夫
  4. 体調が悪くても、働きたいときだけ働ける
  5. 誰からも指図をされない

 

このようなメリットがあります。

僕は、「2,4,5」に魅力を感じて在宅ワークという形で働いています。

ライターやwebサイトをつくったりして稼いでいますが、ほとんどがライターの仕事です笑

 

どのくらい稼げるのというと、僕の場合「文字単価」なのでとにかく書きまくるというスタイルです。

文字単価が上がれば、もっと時間に余裕ができるかな〜って思ってます。

僕のことはまた違う記事で書いていきたいと思います。

この記事が参考になれば嬉しいです。

 

ランサーズで稼ぐにはコツがあった!簡単なコツを紹介。

在宅ライターって稼げるの?在宅で稼ごうと思っているなら必見!

コメント

タイトルとURLをコピーしました